ヒアルロン酸注射の効果と副作用とは?

subpage01

ヒアルロン酸注射とは、元々は顔面神経痛などの筋肉の痙攣をおさめる治療薬として使用されるものでしたが、ここ最近ではすっかり気軽にできるプチ整形として人気を集めています。


プチ整形としてのヒアルロン酸注射の主な効果はシワやたるみの改善、唇をふっくらさせたり、ぷっくりした涙袋を作ったりと、顔全体を優しく若々しい印象にできる効果があり、メイク感覚で出来るのがポイントです。



ヒアルロン酸注射の持続期間は約2〜3ヵ月程度で、自然な仕上がりになるのがいいところですが、永久的ではないことや即効性が無いと、デメリットとして受け止める方もいます。

また副作用として筋肉のこわばりや皮膚の赤みなどがみられる事があります。皮膚の赤みは施術直後に現れますが時間が経てば自然と消えていくことが多いのでそこまで心配する必要はないようです。
しかし筋肉のこわばりがあると笑い方が不自然になったり顔が突っ張った感じがします。



またヒアルロン酸注射を何回も打つと、その部分がしこりになったりする事もあるので注意が必要です。



気になるお値段ですが、美容目的のヒアルロン酸注射は当然保険が適用されず実費になるのでそれなりの金額はしてしまいます。

といっても他のプチ整形と比べたらかなりリーズナブルで、大体の相場は1本約2〜5万程です。
クリニックによって値段が違うので、事前に下調べとカウンセリングをしっかり行うことをオススメします。また失敗しない為にもカウンセリングでドクターに仕上がりイメージを明確に伝える事が大切です。